映画『小さな恋のうた』のあらすじ・みどころは?

引用:http://www.chiikoi.com/

2019年5月24日(金)に公開される映画「小さな恋のうた」

バンドMONGOL800(モンゴルハッピャク)の歌『小さな恋のうた』をモチーフに実写化された映画だそうです。

公開まであとわずかですが、あらすじやみどころをご紹介します。

スポンサーリンク



映画『小さな恋のうた』のあらすじ

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

モンパチがモチーフとなっているだけあって、舞台はやはり沖縄なんですね。

沖縄といえば、最近でも米軍基地の問題が大きくクローズアップされることがありますが、この映画ではバンドを組んでいる高校生と基地の中に住む白人の女の子との国境を越えた青春映画です。

映画『小さな恋のうた』のみどころ

映画『小さな恋のうた』のみどころとしては、やはりモンパチの人気曲をモチーフにした作品という事もあるので、楽曲に込めた思いをどのように映画で表現されているのかが大きなポイントといえそうです。

そして、試写会に参加された方の中には沖縄の現状も色々と考えさせられたという感想もあったので、沖縄の問題も考えさせられることもポイントの一つだと思います。

 

 

⇒映画『小さな恋のうた』の感想・ネタバレ(近日更新予定)