映画『きみと、波にのれたら』のあらすじ・みどころは?

きみと、波にのれたら

アヌシー国際アニメーション映画祭・クリスタル賞「夜明け告げるルーのうた」

日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品「夜は短し歩けよ乙女」などさまざまな話題作を世に送り出してきた、

湯浅政明監督の最新作、映画『きみと、波にのれたら』が、2019年6月21日(金)に劇場公開されます。

ここでは来月公開に迫った、『きみと、波にのれたら』のあらすじとみどころをご紹介します。

スポンサーリンク



映画『きみと、波にのれたら』のあらすじ

大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。

サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。

ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。

大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」再び会えたことを喜ぶひな子だが…。

二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?港が再び姿を見せた本当の目的とは?

事故で帰らぬ人となってしまった消防士「雛罌粟 港(ひなげし みなと)」とヒロイン「向水 ひな子 (むかいみず ひなこ)」の青春ラブストーリーです。

映画『きみと、波にのれたら』のみどころ

水の中だけに現れる「みなと」の願いとはなんなのか。

触れることもできない恋仲の二人がどんな展開を見せてくれるのかみどころです。

GENERATIONS from EXILE TRIBEによる映画主題歌「Brand new story」の曲にのせた、青春ストーリーにどのような感動を見せてくれるのか楽しみです。